2~4歳の生活習慣

「2~4歳の生活習慣」の早寝は大切のページです。



早寝

早く寝かせるために何ができるでしょうか?幼稚園や保育園ではお昼寝をさせますので、あまり昼に寝かせてしまうと早く寝ないのではないかと考えてしまいます。しかし、子供の発達上、昼寝も必要な物なのです。ではどうすればよいのでしょうか?それは昼寝の際にあんまり長時間寝かさないという方法です。昼寝をするのであれば、夜の睡眠に悪影響を与えないために、1時間程度で起こしたあげることが必要です。

トゥルースリーパー
http://www.truesleeper.jp/

そして動く

昼寝から起きたら今度は遊ばせることでエネルギーを消費させることが必要です。子供は遊びが楽しいとちゃんと集中して遊ぶものです。ですから、子供が興味を持って遊べるものを準備してあげるのも大切ですね。特に外で一緒にボール遊びをしてあげることができます。キャッチボールやサッカーのパスなどは頭と体力を使いますし、親も付いていけます。他にも一緒に走ったり公園の遊具などで遊んであげるのもいいかもしれません。

あなたはどうされますか

では、あなただったらどうされるでしょうか?子供のために、早寝早起きをさせることは、本当に大切なことです。今、子供のために行動してあげなければ、ずーっと後悔することになりかねません。ですから、今は大変かもしれませんが、ここは一代発起して早寝早起きの習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか?親になった時点で、何よりも優先すべきなのは子供のことです。子供は色に例えると“白”です。良くも染まり、悪くも染まっていきます。そして、自宅にいる間に子供を染めるのは親自身なのです。ですから、率先して悪い色に染めるのではなく、美しい色に染めてあげましょう。そうすることで、将来、子供があなたに感謝をすることでしょう。