2~4歳の生活習慣

「2~4歳の生活習慣」の集中できないのページです。



よくあること

子供が食事のときにとる行動の1つに集中できないということがあります。なぜ、子供はご飯のときにああも集中できないのでしょうか?

理由があるかも

子供が食事に集中できないのには、理由があることがあります。その理由の1つが今まで遊んでいたおもちゃが気になるという点です。子供は、遊びを中断させて食事をさせると、どうしてもそれまで遊んでいたおもちゃのほうに気持ちが向いたままになります。この場合、まず、子供の意識を切り替えることからはじめることが必要です。例えば、遊んでいる子供に、まずおもちゃを片付けさせ、手を洗わせて、席に着かせるという行動を繰り返させるのです。子供の気持ちが切り替わるきっかけになるかもしれません。

他の理由

集中できないほかの理由もありえます。親が子供に食べるように促しながら、食事中でも忙しく席を立って動き回ってしまう場合が多々あります。そうすると子供自身も落ち着かず、食事のときでも動いてもいいものと認識してしまうかもしれません。こうしたことを無くすために、しょうゆなど必要な物を初めからテーブルに準備しておいたりして、親自身が落ち着いて食べるという手本を見せることが必要です。そうすると子供は食事中は静かに座るものなんだと認識するようになるでしょう。

長期投資の人気のサイトならここ